うかい農園のぎんなんは、すべて生のもので、もっちりしていて最高の味です。
化学肥料は使用せず、有機栽培をしています。約7haの農園を管理しています。
木曽川、長良川、揖斐川一帯の濃尾平野が育んだ肥よくな土地を、基盤とした最高の条件の元育った金兵、久治、藤九郎などを8月から10月末まで収穫しています。

東京(築地・太田)・大阪・名古屋・神戸・金沢の6市場に出荷し、日本全国へ転送されて料亭などで使用されています。

市場に出る時期と品種

早稲 金兵(きんべえ) 8月1日から8月15日まで
中手 久寿(きゅうじゅ) 8月15日から11月中
晩稲 藤九郎(とうくろう) 11月1日から4月中
藤九郎 ぎんなんの王様。殻(鬼皮)が薄く、粒が大きい。
日もちがする品種です。

一言メモ

★☆ぎんなん 簡単調理法☆★
@ぎんなんを封筒に入れ、電子レンジで1分程加熱すると殻(鬼皮)が弾け、皮がむけやすくな ります。
  (加熱しすぎると中身まで破裂してしまうので注意しましょう!)


Aフライパンに殻のままのぎんなんを入れ、パンパンと破裂するくら いまで炒めます。(注意:必ず蓋をしましょう!弾けてとんできます。)

※食べ過ぎると中毒を起こす事があります。昔から子どもには『自分の歳の数まで』といわれているので、5〜6粒までと決めて 食べさせています。
大人も食べ過ぎには気をつけてください。

 


水銀杏

乾燥銀杏
 
〒492-8355
愛知県稲沢市片原一色町道法16-1


このページの先頭に